石心会グループのご案内

石心会グループの医療理念と基本方針

私たちが取り組む医療の原点は、法人設立(昭和48年)の際の趣意書にあります。
特に下記の『設立目的』は、現在に至るまで私たちのバックボーンとして継承されております。

医療の本質は病める人間に対する治療であり、病とのたたかいの主役である患者自身の良き協力者であるという
医療の本源的立場に立ち、患者たる地域の住民に密着した病院として、運営し、
もって地域の医療内容の向上と福祉のための一助となることを目的とする。
(設立当時の医療法人財団石心会設立趣意書より)

理念
  • 断らない医療
  • 患者主体の医療
基本方針
  • 救急患者さんはいかなる時も断ること無く受け入れます。
  • 入院を必要とする患者さんは全て入院を受け入れます。
  • 迅速診断・迅速治療・早期退院を心がけます。
  • 常に向上心を持ち、医学知識、医療技術、診療態度のレベルアップに努めます。
  • 医療事故の発生や院内感染を未然に防ぐために、医療の安全管理を徹底して行います。
  • 患者さんに対し迅速で的確な情報を提供し、十分な説明と同意を心がけ、患者さんの意思と人権を尊重した医療サービスを提供します。
  • 患者さんの病気についての個人情報の保護について万全を期します。
  • 地域の声に謙虚に耳を傾け、地域住民が望む医療を行うとともに病気を未然に防ぐため、保健・予防知識の普及に努めます。
  • 地域の医療・福祉施設、行政機関との連携を密接にして患者さんにとって最適な医療を行うと共にその能力の向上に貢献します。
  • 国、地方自治体、NGO等に協力して災害救援活動を行います。
  • 医師臨床研修指定病院として総合的診療能力を有する医師の育成に努めます。
  • 医療のみならず地域文化の向上のために貢献します。

ページトップ