石心会グループのご案内

石心会グループの沿革

1941(昭和16年) 4月 石井義治、川崎市幸区都町39番地に石井産婦人科医院を開業
1973(昭和48年) 4月
6月
医療法人財団石心会を設立、石井義治初代理事長に就任
川崎幸病院開設、病床64床
1974(昭和49年) 2月 石井暎禧、理事長に就任
1980(昭和55年) 6月 川崎クリニック開設
1986(昭和61年) 9月 川崎幸病院、病床203床に増床
1987(昭和62年) 4月 狭山病院(現・埼玉石心会病院)開設、病床288床
1992(平成 4年) 5月 アルファメディック・クリニック開設
1993(平成 5年) 6月
8月
アルファメディック・クリニック、自動化健診優良施設認定
さいわい訪問看護ステーション開設
1995(平成 7年) 4月
10月
いきいき訪問看護ステーション鵜ノ木・石心会介護支援センター開設
川崎幸病院、「開放型病院」施設承認
1996(平成 8年) 1月
8月
狭山病院(現・埼玉石心会病院)、「開放型病院」施設承認
さいわい訪問看護ステーション夢見ヶ崎開設
1997(平成 9年)10月 昭島腎クリニック開設
1998(平成10年) 9月
10月
川崎幸クリニック開設/電子カルテ・予約システム導入
社会福祉法人石心福祉会設立
1999(平成11年)10月 狭山病院(現・埼玉石心会病院)、日本医療機能評価機構施設認定「一般病院種別B」
2000(平成12年) 2月
3月
4月

11月
狭山病院(現・埼玉石心会病院)、診療予約システム導入により全科予約制開始
特別養護老人ホームオリーブ開設
さいわい鹿島田クリニック・さいわいヘルパーステーション・新川崎居宅介護支援事業所・狭山病院(現・埼玉石心会病院)ヘルパーステーション開設
川崎幸病院、日本医療機能評価機構施設認定「一般病院種別B」
2001(平成13年)10月
11月
本部流通部門、日本ロジスティクス大賞受賞
川崎幸病院、「急性期特定病院」認定
2002(平成14年) 4月 狭山病院(現・埼玉石心会病院)、「臨床研修病院(管理型)」指定取得
2003(平成15年) 3月
4月
10月
さやま総合クリニック開設
福祉用具レンタルさいわい開設
川崎幸病院、「臨床研修病院(管理型)」指定取得
2004(平成16年) 4月
7月
8月
10月
狭山病院(現・埼玉石心会病院)、病床349床に増床
川崎幸病院中原分院開設
狭山病院(現・埼玉石心会病院)、「急性期特定病院」認定・「地域医療支援病院」指定取得
狭山病院(現・埼玉石心会病院)、日本医療機能評価機構施設認定「Ver.4.0」
2005(平成17年) 11月 川崎幸病院、日本医療機能評価機構施設認定「Ver.5.0」
2006(平成18年) 4月
5月
かしまだ地域包括支援センター開設
アルファメディック・クリニックが拡張移転、 川崎健診クリニック開設、 医療法人社団新緑会(立川新緑クリニック、新緑脳神経外科、横浜サイバーナイフセンター、立川介護老人保健施設わかば、立川地区の在宅部門)が石心会グループに参加
2007(平成19年) 4月
7月
狭山市入間川・入間川東地域包括支援センター開設
アルファメディック・クリニック、日本人間ドック学会人間ドック健診施設
機能評価認定「Ver.1.1」
2008(平成20年)4月
11月
狭山病院(現・埼玉石心会病院)、がん診療指定病院に指定
さやま腎クリニック開設
2009(平成21年) 4月
8月
10月
11月
さやま総合クリニックに健診センター開設
医療法人社団新緑会が、医療法人社団 東京石心会に改名
狭山病院(現・埼玉石心会病院)、日本医療機能評価機構施設認定「Ver.6.0」
石心会が社会医療法人に認定され、「社会医療法人財団石心会」に改称
2011(平成23年) 3月 川崎幸病院、日本医療機能評価機構施設認定「Ver.6.0」
2012(平成24年)4月
6月

7月

9月
12月
狭山病院(現・埼玉石心会病院)、緩和ケア病棟開設
川崎幸病院、川崎幸病院中原分院、統合して川崎市幸区大宮町に新築移転。
病床数265床。
さやま総合クリニック健診センター、日本人間ドック学会人間ドック健診施設 
機能評価認定「Ver.2.0」
川崎幸病院、病床数326床に増床。
川崎健診クリニック、移転
2013(平成25年)3月
4月
川崎クリニック移転
狭山病院を埼玉石心会病院に改名
川崎幸病院、「地域医療支援病院」指定取得
さやま総合クリニック健診センター、人間ドック健診研修施設認定
2015(平成27年)1月
7月
12月
立川新緑クリニック新築移転
第二川崎幸クリニック開設
医療法人鶴見会 さいわい鶴見病院開設

ページトップ